シェフの店ぶらり旅 vol.2 中田貴紀シェフ[ドゥアッシュ] 

2011/10/13編集部ブログシェフの店ぶらり旅 vol.2 中田貴紀シェフ[ドゥアッシュ] 

こんにちは! 編集部のmiyataです。今日は、大阪・心斎橋にあるフレンチレストラン[ドゥアッシュ]に行ってまいりました。このレストランの厨房を切り盛りされているのは、もともとはパティシェをめざされていたのですが、とある事情で料理人の道へと進まれた中田貴紀シェフ。有名シェフが名を連ねる「ぐるなびシェフ」メンバーで日経レストランメニューグランプリでグランプリを獲得されたり、読売テレビ情報番組「ten」人気コーナー「主婦バトル」に出演されたり、多くのメディアで活躍されています。
時間の都合でランチでも一番軽いタイプをオーダーしました。「Menu Léger  à」¥2,300で料理とデザートで4皿、食後のお飲物メインの料理は魚、肉から選ぶメニューでした。


最初に述べておきますが、こちらのお店、シェフの情熱がお皿に伝わってくるような、勢いが感じることができました。

まずは、パンがサーブされました。クリームチーズが入っており、ペコペコなお腹をやさしくエピローグを奏でてくれます。前菜はお野菜を中心にしつつも鶏肉を使った温冷がバランスよく詰まったサラダでした。朝採りの落花生が普段食べることができない良い経験をさせていただきました。二皿目は、冷製のスープ。少し変わっていたのはムース状にして提供された遊び心ある逸品でした。

 

三皿目はメイン料理。豚肩ロース肉のローストでした。肉厚で脂身も私個人的には最高な収まり具合。適度な火加減で最高のタイミングで仕上げてありました。最後はデザートの盛り合わせ。このお店の大人気メニューという蜂蜜を使ったプティングは、濃厚でいて後味が上品な良いお味。チーズケーキも非常に濃い味で私好み。最後は、エスプレッソをいただき、ごちそうさまでした。

 

 

店内は、とても洗練された雰囲気です。こちらの支配人の三久保さんは、サービスがとてもしなやかで無駄のない演出で、ストレスなく食事が楽しめました。他のスタッフも清潔感があり少しぎこちなさはあるものの、嫌味のない気持の良いサービスを頂戴しました。ありがとうございました。
最後に、これはシェフが聞くと怒られかもしれませんが、こちらの中田シェフは女形をされたら、めちゃくちゃハマるだろうなと思う今日この頃です。それだけきれいな顔をされているということですね。


(文:宮田恭章)

 

(シェフのご紹介)

製菓学校卒業後ホテルに就職
フランス料理セクションに配属されたことをきっかけに料理人へ転向
数々の店舗で修行を行いフレンチレストラン ドゥアッシュの立ち上げに料理長として参加
2008年 日経メニューグランプリ 優勝
2008年 ぐるなびBEST OF MENU 3位
2010年 ぐるなびBEST OF MENU 準優勝

中田貴紀シェフの詳しい情報はこちら

 

ページのTOPへ