シェフ's レシピ

豚肉とレンズ豆と旬野菜のトマト煮込み

野田雄紀シェフ dish-1

ジャンル
フレンチ
摂取カロリー
kcal
調理時間の目安

材料(6人前)

<A>  
豚バラブロック 600g
適量
   
オリーヴオイル 適量
にんにくみじん切り 1か分
玉ねぎみじん切り 1/2ヶ分
白ワイン 400g
トマト缶 800g
適量
タイム(葉をちぎる) 4分
黒こしょう 適量
砂糖 大さじ1/2
トマトペースト 40g
シェリービネガー 40g
レンズ豆 25g
適量
チキンブイヨン 適量
適量
タイム葉をもぎった時の茎の部分 適量
人参(1.5cm幅の半月切り) 2/3本
カボチャ(8等分にカット) 1/8ヶ
白ネギ(6㎝のななめ切り) 1.5本
カブ(6~8等分にカット) 1.5ケ

作り方

  1. <A>
    豚バラブロックに塩をして バットにのせてラップをして 1晩冷蔵庫に入れておく。
  2. オリーヴとにんにくを火にかけ香りがでてきたら、玉ねぎを入れてゆっくりと甘みを出すように炒めていく。(弱火)
  3. 玉ねぎを食べてみてシャリッとしなくなり甘みがでてきたら、白ワイン、トマト缶、タイムの葉、 塩、黒こしょう、グラニュー糖、トマトペースト、<A>、人参を一度にいれる。
  4. 中火にかけてゆっくりとわかしていく。沸いてアクを取りのぞいたら、紙ブタをして、とろ火で2時間半煮込む。
  5. シェリービネガーを加え、紙ブタをして30分煮る。
  6. カボチャ、白ネギ、カブを加え、紙ブタをして、とろ火でさらに30分煮る。
  7. その間に、タイム、水を火にかけ沸いてきたら、塩、チキンブイヨン、レンズ豆を加えて、30~40分とろ火でくずれない様に火を入れざるにあげておく。
  8. 豚肉に竹串を刺して、スッと入るようになったら豚肉を取り出し包丁でカットする。
  9. 皿に盛り付けて、オリーヴオイル、ブラックペッパー、パルミジャーノ、イタリアンパセリをふって完成。

シェフ's コメント

中野シェフ main1-1

野田 雄紀yuuki nodaプロフィール
煮込みなので、家庭でも簡単に作れる。シェリービネガーを入れるのがポイント。豚バラ肉のしつこさを軽くしてくれる。

ページのTOPへ